カラミざかり
3話感想を紹介しています。

カラミざかり3話の感想とレビュー

「カラミざかり」3話。

 

ものすっごくドキドキして、

最高にエロい内容でした!

ヾ(*´∀`*)ノ

 

 

智乃ちゃんにアソコを見せられて、

オ〇ニーをしないといけなくなってしまった貴史くん。

 

 

ジー・・・

 

 

無言でズボンの留め具を外しチャックを下げ、

トランクスを下げると

完全勃起状態のチ〇ポが智乃の目の前に現れます。

 

あんなに見たがっていた智乃ちゃんも

実物を見るのは初めてなのか、

一瞬、固まってしまいます。

 

 

それでも、

好奇心というか

男性の性に対しての興味というのか。

 

 

オナホを手に取って

「どうやって使うの?」

と興味津々。

 

 

「どこに入れるの?」

 

って聞く智乃ちゃんとは反対に、

男子なのに貴史君は、

「・・・」

「えっと・・・」

って、緊張しまくりなんです☆

 

 

「こう?」

 

「奥まで行ってもいいの?」

 

 

マ〇コを見せてチ〇ポを見たからなのか、

ここからが超大胆になっていくんです♡

 

これくらいの年齢の女の子って、

本当にエロい生き物なんですね☆

 

 

オ〇ニー中の2人よりも緊張していたのは、

見てるだけの里帆ちゃんと高成君。

 

「まじ・・・?」

 

「彼氏と彼女じゃないのに・・・」

 

「というか・・・目の前でこんなことっ・・・」

 

みたいに何も言わずに
2人のエッチな行為に釘付けなんです。

 

やってる本人たちも緊張しているんでしょうけど、

近くで見せられてる方だって、こんな状況なら緊張してしまいますよね(/ω\)

 

 

手コキをされて、

どんどん気持ち良くなってしまう貴史。

 

「こんな事してくれてるんだから」

「もっとエッチな事しても大丈夫だよね?」

 

と思ったのか、

おっぱいを揉みたくなってしまいます。

(自分だけじゃなくて、相手も気持ち良くさせたいのが男心ですよね)

(相手も気持ち良くなってHな気分にさせたら、もっと凄い事を頼めるかも?って思っちゃいますよねw)

 

貴史君の読みが当たっていたのか、

おっぱいを触ると

「あんっ・・・」

声を出してしまう智乃ちゃん。

 

その声を聞いて、

ブラの中に指を入れて

乳首をキュッとつまんでしまうのは、

男の本能でしょう。

 

 

乳首を触られて気持ち良くなってしまって、

オナホを動かす手の動きが早くなっていく智乃ちゃん。

 

くちゅくちゅ・・・

 

エロい音がどんどん大きくなっていく中、

 

「あ、いくっ!」

 

下半身をゾクゾク震わせて

イってしまいました(/ω\)

 

自分の手を使って、

年頃の男の子を射精させる女の子の気持ち。

 

誰か教えて欲しいです。

(#´Д`#)

 

こちらのページでは超詳しく
「カラミざかり3話のネタバレ」をしています。

 

→カラミざかり3話のネタバレはこちら

カラミざかり-ネタバレ画像4

そして、
こちらのページでは「カラミざかり」を最新話まで全話ネタバレしています。

カラミざかり全話ネタバレ

 

どちらのページでも、
このページには載ってない画像やネタバレ、実際に「カラミざかり」を読んだ人の口コミ、無料立ち読み方法なども画像付きで紹介しています。

 

お時間がありましたら是非、
遊びに寄ってみて下さいね。

最後まで
「カラミざかり」3話感想にお付き合い頂きまして、ありがとうございました!